スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネリスエアショー「死の鳥 B-52ストラトフォートレス」 


B-52ストラトフォートレス ネリスエアショー

ネリスエアショーで、ラプターと共に印象が残ったのがこのB-52。ファイター以外にあまり興味がないのだがこの爆撃機は別格。8機のエンジンを吊り下げた全幅50mを超す翼は、死の鳥と恐れられた事だけはある。初飛行からすでに50年以上も経っているのにまだ現役。それどころか2045年まで使い続けるとか(@o@)!?シャッターを切るにしてもバカでかい機体はどうフレームに入れていい戸惑うのでした。

B-52ストラトフォートレス(ネリスエアショー)
Canon EOS30D+EF100-400 F4.5-5.6 IS USM
190mm 1/320sec F6.3
2007.11.10撮影




やる気でます!Click Me!
ネリスエアショー B-52ストラトフォ-トレス
航空機BlogRanking
スポンサーサイト

ネリスエアショー「黄金のF-22Aラプター」 


F-22Aラプター ネリスエアショー

F-22Aラプターのデモンストレーションは、サンダーバーズが終わった後だったので、もう陽がかなり傾き始めた15時ぐらいだったような。ステルス機の特徴なのか反射の少ないグレーの塗装が一瞬ゴールドに輝く一瞬をゲット。見た事も無い起動飛行のすごさと相まって、凄みを感じた瞬間でした。

F-22Aラプターネリスエアショー
Canon EOS30D+EF100-400 F4.5-5.6 IS USM
365mm 1/320sec F6.3
2007.11.10撮影




やる気でます!Click Me!
ネリスエアショー F-22ラプター
航空機BlogRanking

行っちゃいました!ネリスエアショーリポート&ガイド 


F-16 サンダーバーズ ネリスエアショー 

いろいろ幸運が重なって勢いで行ってきましたアメリカ「ネリスエアショー」。夢にまで見たサンダーバーズを目の前にして思わず涙が・・。メチャクチャ良い旅でした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼1110-11)ネリスエアショーリポート&ガイド
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
・事前準備
――――――――――――――
・チケット/宿手配
  ・1ヵ月前にチケットを取れば十分かなと思っていたら、アメリカは月曜
   日がVeterans Dayという祭日(ハッピーマンデー)がからみ3連休。
  ・すでにラスベガスへ希望日の便がなかなか取れず。
 
・寄り道
  ・以前住んでいたバンクーバーにも寄ろうと思って、ルートはさらに
   複雑化。
  ・普通なら「NRT→LAS→VAN→NRT※」(※NRT⇔LASの直行便はありません)
   なんだけど、3連休のためぜーんぶトランジット(経由便)じゃないと
   ダメみたい(ToT)。
  ・4社ぐらい格安チケットの旅行会社に見積もってもらい、1社だけ
   ルート確保できたので、そこでチケットを購入。
  ※他の会社は、ルートの確保もできなかったです。
  ・今度行くときは、アメリカのカレンダー事前にチェックして、早めの
   予約しないとね。
 
・宿/レンタカー
  ・弟がサンノゼに住んでるので、現地手配してもらいました。
  ・日本からの手配より2~3割り安いかな。
 
――――――――――――――
・出発/到着
――――――――――――――
・入稿国審査
  ・成田から9時間半で経由地のロスに到着。
  ・男一人旅なので、かなりしつこく質問攻め。観光なのに、どーしても
   ビジネスにしたいらしい。※この時期ラスベガスはコンベンションが
   多いらしい。
 
・トランジット
  ・乗り継ぎ便のセキュリティチェック。ノートPC出して~、上着
   脱いで~、靴まで脱いで~・・・メチャ厳しくてビックリ!
  ・911以降、かなりセキュリティ厳しくなったねー。
 
・到着
  ・ロスから1.5時間でなんとか無事ラスベガスへ到着。
  ・砂漠の中に突如として街が出現。しかも異様な建物(ホテルだけど)が
   ドドォーンドォーンと建っててちょと感動。
 
――――――――――――――
・天候と気温
――――――――――――――
・気温
  ・日本(東京)の10月初旬から中旬で25度ぐらいまで上がりました。
  ・でも砂漠なので、夕方から15度ぐらいまで急に下がるので注意。
 
・天候
  ・基本的にはほとんど晴れだけど、到着した日(エアショーの前日)は、
   曇り。天気予報を見たら、明日の本番当日の土曜日は快晴との事。
  ・ただ、2日目の日曜日は、午後から曇り時々小雨。大丈夫かな・・。
 
――――――――――――――
・11/10(土)~11/11(日)本番
――――――――――――――
・開催期間
  ・日本と違って2日間開催。1日目も2日目も基本は同じプログラム。
  ・事前にプログラムがWebにアップされるけど、結構コロコロ変わります。
  ※開催の2日前に、F-15が墜落したのでF-15のプログラムはキャンセルに。
 
・エアベースへ出発
  ・7時ゲートオープン。7時半セキュリティチェック開始。7時45分
   バスが走り出すと書いてある。
  ・けど、ちょと遅めの8時にホテル出発。レンタカーでハイウェーI-15を
   北上。Exit54で降りる。ここまで20分ぐらいで到着。結構近い。
  ・ラスベガスモータースピードウェイの駐車場に誘導されたけど、広大な
   駐車場がすでに1/3ぐらい埋まっている。
  ・田舎のエアショーだと思ってなめたけどかなり規模がでかい。
  ※注意
    ・駐車場がバカでかいので、自分の止めたエリアを覚えておかないと
     帰りに見つからないです。
    ・A3などパーキングエリアの看板があります。
 
・セキュリティチェックとバック
  ・デイパックとペットボトルの飲み物は持ち込み禁止と書いてある。
  ・現地の人は、基本的に手ぶらかアウトドアで使うパイプ製のデッキ
   チェアを持ち込んでた。
  ・自分は、大き目のウエストポーチに望遠レンズを入れて、カメラは
   そのまま手持ちで入場。
  ・空港で見かける金属探知機のゲートもあるし、かなり細かくバックの
   中を調べられます。さすが軍隊・・・。
  ※自己責任で
    ・結論で言うと、日本人は大きなデイパックもペットボトルの飲み物
     も持ち込めてました。※観光客として大目に見てもらってるかも。
    ・持ち込みたい場合は、自己責任でトライしてみてください。
    ・脚立持ち込んでた人も一人いたけど・・どうなんだろ・・。
 
・場内バス
  ・1人$2払ってバスへ。長距離バス(一人ひとり座席があるタイプ)の
   バスなので乗り込むのに結構時間がかかりました。
  ・こっちの人はのんびりしてるのか、ニコニコ黙々と並ぶのであまり気に
   してない様子。
 
――――――――――――――
・USAF 60th Anniversary
――――――――――――――
・たまたまアメリカ空軍の60周年だそうで、エアショーのテーマが
 第一次大戦に飛んでいた機体から、現代の機体をすべて飛ばして
 くれる超豪華版でした。
 
――――――――――――――
・地上展示
――――――――――――――
・かなりの数の機体が展示してあります。
 ・思い出してみると。
   ・F系:F-5、F-4、F-16、F-15C,E、F-18、F-117A、F-22A、F-35等
   ・A系:A-10等
   ・B系:B-1、B-52等
   ・C系:C-5、C-17、KC-10等
   ・E系:いろいろ・・(^^;)
  ※上記でもF-15Eなどバリエーションがある複数展示や、アグレッサー
   塗装のF-15とF-16も。細かいのは忘れました。
  ※あと実戦配備されたばかりのSTOL機CV-22も・・。
  ※その他、第一次大戦から現代までのありとあらゆる飛行機たくさん!
 
・エプロンの広さ
  ・バスの降り口から測るとかなり広い(横田の1.5倍ぐらいあるかな)ので、
   地上展示やお土産屋を全部見て周るには数時間かかります。
 
――――――――――――――
・デモフライト概要
――――――――――――――
・朝8時から始まって夕方5時までビッチリ飛行プログラムが組まれ
 てます。全部撮影しようと思ったら昼メシ食べる時間はありません(_ _;)。
 
・第一次大戦の複葉機から始まって、ゼロ戦とP-40のコンバット、
 朝鮮戦争のMiG-15とF-86セイバーのチェイス、ベトナムでのB-52等の
 爆撃デモなどもう盛りだくさん&サービスしすぎです。
・その合間にも民間?(レッドブルなどのスポンサー付き)の複葉機や
 レッドブルをスポンサーにした真っ赤なMiG-15のデモンストレーション
 などが10~15分間隔で延々と続きます。
 
※プログラムにあったCV-22と、F-15のデモフライトはキャンセル。
 
――――――――――――――
・撮影ポイント
――――――――――――――
・混雑度
  ・首都圏の航空祭に比べれば超平和。人口密度は、半分から1/3ぐらい
   の感覚。(今年の入場者は15万人だったそうです)
  ・最前列はさすがにデッキチェアで埋まりますが、その後ろでは、
   ほぼどこでも撮影OK。
  ・B-52など超大型機以外は、どれも会場正面のタキシーウェイを通って
   ラウンウェイに行ってくれるのでエプロンのどこでもそんなに
   絵は変わらないはず。
 
・ひな壇
 ・サンダーバーズが置かれているショーセンターの左右に2ヶ所つづ
  ひな壇(MAX50人弱ぐらい座れる)があって、朝早く行くとその最上段を
  取れるかも。
 
※意外とジャマになるのがポールに立ってるスピーカー。ビデオ撮影の
 時にはどこでも絶対入りそう。
 
――――――――――――――
・昼食
――――――――――――――
・チケット制
  ・現金で払うのではなく近くのチケット売り場でチケットを購入(理由
   不明)。
 
・お店
  ・ハンバーガーやチキン、メキシカンなど、ジャンクフード中心で値段も
   $3~$5でちょと高め。
  ・お昼時は、かなりの行列ができるので、予めコンビニなどで買って
   持ち込んでもいいかも。
  ※注意
    ・別に注意じゃないけど、空いてるなと思って並んだお店が「ヒマラ
     ヤンケイジャンマトンカレー」の店(この種類の店がナゼここに
     あるかよく解らず超不自然)。
    ・しかも$7で超高い!どーりでみんな並んでないわけだ。
 
――――――――――――――
――――――――――――――
・始めて生で見たサンダーバーズ。めちゃくちゃかっこいい。
 
・エンジンテスト
  ・10時からエンジンテストというプログラムあり。エンジンかけるだけ
   でショーになっちゃうのは、さすがサンダーバーズならでは。
  ※でも、エンジンかけてる間、予備の2機がババーンと飛んでくれました。
 
・本番
  ・グランドショーもかなり凝ってます。整備士の動きまでショーアップ
   されていて、メリハリがあります。
  ・ブルーに比べ一番違うのがダイナミック差。音とスピードがケタ違い。
  ・アフターバーナーを出して頭上を通過(しかも2機)する時は、頭を
   ハンマーで殴られた感じ。
  ・ちょっと遅めの2:00ぐらいからのスタートなので、少しオレンジがかった
   陽の中を飛ぶサンダーバーズを見て感動のあまり思わず涙が・・。
  ・基地の向こう側にある山をバックに飛ぶ姿も非常に絵になります。
 
・サイン会
  ・演技が終わると恒例のサイン会。調子に乗ってチルドレンに混じって
   サインもらちゃいました!一生の宝物になるかも!
  ・中にはサンダーバーズの写真集にサインして貰う人も。※6機がデルタ
   飛行してる写真の機体にサインが。コンプリートにもう一歩でした(←が
   んばれー)。
 
――――――――――――――
・F-22Aラプター
――――――――――――――
・起動飛行
  ・F-18とかの起動飛行もスゴイと思ったけど、そんなの比べ物に
   なりません。
  ・重力とか慣性とかまるで無視。メチャクチャ小さな半径で姿勢を水平に保った
   ままの360度ターンや、宙返りなど今までまるで見た事がない動き方をします。
 
――――――――――――――
・基地からの帰り
――――――――――――――
・バス待ち
  ・F-117のデモを持ってフライトエンド。すでに場内はかなり暗い。
  ・会場の途中でみんなラインナップしてるなと思ったら、なんと
   バス待ちの行列。
  ・ここでも、みんな黙々と並ぶ。「レッドラインは左、ブルーラインは
   右」と言われたけどなんの事やら。
  ・みんな「赤と青の違いは?」とか周りの人も分からず。※結局、ブルー
   ラインとは朝もらったチケットの色(ブルー)だった。
  ・5時に並び始めてバスに乗れたのが7時。2時間も並んだ。日が沈むと
   気温が急激に下がる。この辺要注意。
 
・2時間待ちと拍手喝采!
  ・傑作だったのは、バス待ちの列が平行して10列ぐらいできていたのだが
   自分達の列にバスが止まると拍手喝采!歓声が起こる!
  ・それを見てる隣の列の人達からも「You are Lucky!」ウーン・・果て
   しなくポジティブ。
 
――――――――――――――
・1日目と2日目の違い
――――――――――――――
・天候
  ・1日目は雲ひとつ無いピーカン。澄み切った青空がキレイです。
  ・ラスベガスでは珍しく2日目は曇り。ちょっと青空が見える程度。
 
・サンダーバーズ
  ・エンジンテストの時、2日目はナゼか飛ばず。
  ・雲が多かったせいか(垂直系の科目をやらなかったわけではないですが)
   1日目と比べ、若干水平系の科目が多かったかも。
  ・1日目と2日目で違う科目が見られてラッキーとも言えますね。
 
・その他
  ・あとはほとんど同じ。いくつかのアクロバットチームの演技時間が短く
   なったり長くなったり、なぜか演技時間が両日で変わる事がありました。
 
――――――――――――――
・宿泊と食事
――――――――――――――
・空港から基地/ホテルまでの距離
  ・ラスベガス国際空港(マッカラン空港)とホテル、ネリスエアベースは
   車だったら30~40分の範囲にあり、かなり気軽に行けます。
  ・いずれにしてもレンタカーは必要なのでコチラは事前に日本で手配
   していったほうがいいと思います。
 
・宿泊は予算次第で
  ・場所柄いろんなプランが組めます。MGMやその他たくさんある有名ホテ
   ルに泊まっても良し。モーテルももっとたくさんある。
  ・日本からだったら旅行代理店でのパックツアーでも、自分でネット
   手配でも。
 
・食事
  ・ラスベガスで有名なバフェを試して見るのがお勧め。いろんなホテル
   のバフェを食べ歩くのも良し。
  ・安く上げたいならマクドナルドなどのジャンクフード(_ _;)もたくさん
   あります。
 
・パックツアーも
  ・読売旅行社が企画してます。
 
――――――――――――――
・インターネット環境
――――――――――――――
・無線LAN
  ・よっぽど激安ホテルじゃない限り、WiFi(無線LAN)が大抵のホテルで
   使えます。
  ・無料かクレジットカード(もち有料)で、$5~$10~$20ぐらいで1h~24h~
   1monthを選んで使えました。
  ※コーヒーショップなどのホットスポットで使えるように日本で会員登録を
   したけどホテルで使うだけならいらないかも。
 
――――――――――――――
・携帯電話
――――――――――――――
・SoftBank
  ・ほとんどの機種で事前手続きだけで海外(北米)で使えます。
  ・接続設定を3G→GMSに変える必要があります。
  ・注意したいのは、海外発信/受信制限も解かないと手続きしてもかか
   りません。
 
・DoCoMo
  ・海外で使える機種と使えない機種有り。
  ・ドコモの販売店か空港のレンタルフォンがお勧め。
 


F-16 サンダーバーズ (ネリスエアショー)
Canon EOS30D+EF100-400 F4.5-5.6 IS USM
380mm 1/400sec F7.1
2007.11.10撮影



やる気でます!Click Me!
ネリスエアショー F-16 サンダーバーズ
航空機BlogRanking

行ってきました 2007入間基地航空祭!「ブルーインパルス」 


ブルーインパルス 入間基地航空祭

ちょと間が空いてしまったけど行ってきました入間基地航空祭。お昼までどんより厚い雲に被われ、肌寒い天候。しかし、ブルーインパルスの演技が始まる1時間前にからどんどん雲が少なくなり、直前には陽までさしてくるという奇跡!
見事、第一区分が実現。※写真は、まだ遠くの方に黒くかかる雲をバックにテイクオフする1、2番機。
途中からちょと雲が多くなり第三区分になったけど、その代わりちょとレア科目の「さくら」も見られてラッキー続きな一日でした。さて、浜松に続き超長編当日レポートです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼1103)入間基地航空祭レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
・当日実況レポート
  ・8:00にT-4が離陸。8:30開門?(だったらしい)。
  ・9:00入場。9:30にポジション取り。開門後なのですでにブルーシート&脚立のオンパレード。
  ・6号機よりちょと北側よりに陣取り、運良く前から2番目をゲット。
   以後ブルーインパルスの演技までずっと動かず。
  ・11:30ぐらいからなんと徐々に青空が広がり始める。奇跡ー!
  ・ブルーの始まる1時間前ぐらいの12:00前後から陽が出てきて暖かく。
  ※午前中のC-1とか諸々は、寒くてレポートなし・・・(_ _;)。

・ブルー撮影ポジション
  ・タワーを背に左側(北)から見て右(南)から予備機、1号機⇒北側の6号機の順に並ぶ。
  ・ブルーの1番機の前がベスト(南離陸のR/W35の場合?)。
  ・ファンブレイクは、少し遠めで重ならず真横に近く間が空いてしまった。
  ・タワーがセンター。屋上にVIPがいるビルとタワーの間=1号機の
   前がベストポジション。

・遅い昼食
  ・ブルーが終わった後ならカレーが200円にディスカウント!
  ・牛串などは、まだ行列が出来ておりディスカウント対象にならず。

・帰投時の撮影ポジション
  ・15:00ぐらいから続々と帰投スタート。
  ・コブラのリクエストに対して、2分間だけのサービス許可を管制塔が
   出したりとかお楽しみがちょとあった後、いよいよF系の帰投スタート。
  ・F-4/F-15/F-18は、タワーより少し南側に駐機。
  ・帰投時間(ざっくり)
    ・F-4ファントム ×1:15:30
      ・そのまま、何も無くそっけなく百里へ帰投。
    ・F-15イーグル×1:15:45
      ・若干、翼をバイバイして百里へ帰投。
    ・F-18ホーネット×2:16:00
       ・1機目そのまま帰投。2機目はドハデな宙返りで帰投!ビックリ!
  ※帰投時のタキシングをド真ん前で撮るも、そのままのポジションでは
   離陸時にはちょい手前過ぎ。タワーより北側(R/W35の場合)の視界が
   開けた場所が良い(悩。

・帰り道
  ・16:30に出るも、四方八方どこも渋滞なので近くのスーパー銭湯へ。
  ・入間市駅付近の16号から299号へ少し入った所の「いるまの湯」へ。
  ・19:00再出発。16号/463号バイパスも渋滞ナシでスムーズ。

  ・スーパー銭湯「いるまの湯」
   ・http://www.41-26.com/iruma.html
   ※熱いのからぬるいのまで、お風呂/サウナの種類が非常に多くGood。
 
・天気と服装
  ・曇り。気温15度.昼は日が出て20度弱?。17:00には15度に戻る。
  ・上:Tシャツ+トレーナー+ジャンパー。下:ジーパンのみ。
  ・日が出ないと非常に寒い。上さらにフリース/下2重ズボンが良い。


T-4ブルーインパルス
Canon EOS30D+EF100-400 F4.5-5.6 IS USM
400mm 1/125sec F16.0
2007.11.3撮影



やる気でます!Click Me!
入間基地 航空祭 ブルーインパルス
航空機BlogRanking
[ 2007/11/06 01:42 ] 入間基地(航空祭) | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。